この前のAERAにも話題に挙がっていましたが
小4の時からメガネ(コンタクト時代もあり)をかけている私には
気になるニュースです。

【YouTubeで政見放送する「日本メガネ党」とは:ITmedia News】


YouTubeをプロモーションで使うのは最近多くなってますが
日本でもやってるところがあるんですね。



はてブやブログ検索で見てみても
TVCMでやるよりはるかにユーザーに届いてる広告といえるんでしょうね。

ITmediaの記事ではじめて知ったのが
素人がアップしたように見せるために映像を一度VHSに落として
劣化してからアップしたという点。

YouTubeは画質がよくないのはデメリットだと思っていましたが
弱みをPRの強みにしてるのは非常に参考になりました。

当たり前ですがTVにしてもインターネットにしても
口コミを作るようにしてかなきゃいけないってことですね。

ただのイメージ広告はゴミ箱に運んでもらうことすらされず
記憶にも残らない。。。
厳しい時代です。

ちなみに今回の記事に出ている販促企画部の方の策略にまんまとはまり
日本メガネ党のサイトで入党試験を受けてみました。
結果、「準党員」でした。。。