連休も2日目。今日もまったりでした。

髪を切った後本を読みに六本木ヒルズのライブラリーに。
天気が良くて飛行機や東京湾の先の千葉まで見えるほどでした。

何だか外国の雑誌が読みたい気分になったので
サイトは何度か見たことがあるBUSINESS2.0を読んでみました。

気になる記事が結構あったのですが
その中でもWebkinzClub Penguinという
子供向けのサイトについての記事が一番気になりました。

【Webkinz】
・月間平均87万の訪問者数
・街のおもちゃ屋さんやamazonなどでシークレットコード入りの人形を買う
・そのシークレットコードを入力してサイトに登録する
⇒定価では$11らしいですが、結構高騰しているらしい
 有効期限は1年間
・サイト上では仮想通貨でゲームをしたり、買い物したり人形がアバター化されていて、サイト上で友達と遊ぶ

【Club Penguin】
・月間平均160万の訪問者数
・会員登録は無料だが、色々遊ぶにはお金がかかる
⇒1ヶ月$5.95、半年有効のもので約$30
・自分の分身のペンギンが他のメンバーとチャットしたり、ゲームが楽しめる

ってことらしいです。


記事の中では特筆すべき点として
サイトの滞在時間の長さが書かれていたのですが
2006年4月から2007年1月の平均で

Webkinz・・・2時間8分6秒
Club Penguin・・・53分56秒
YouTube・・・31分32秒

サイトの滞在時間が非常に長いとのこと。

どっちのサイトものぞいてみましたが
Webkinzのほうがペットの種類も多くて
楽しげな印象でした。

あと、サイトを見ていて両サイトとも両親向けの案内があって
Webkinzの方は
両親がこどもの閲覧をコントロールできるようです。


一方、全く違う記事で
Adult FriendFinderという
割りきった大人のお付き合いの相手を探すサイトの話も載っていて
これも非常に興味深かったのですが(*^_^*)

・2006年には3,500万のサイト訪問者がいた
・毎日新規ユーザが75,000人も増えている
⇒数字的にそれって高すぎじゃない?と思いますが
・世界195カ国、2400万のユーザ(うち、11.6万人が中国から)
・全アカウントのうち10%でカップルが成立した

とのことです。

まあ、目的が体だってのが明快でそこら辺が
中途半端な出会い系よりはましだとは思いますが、
個人的には怖くて登録できません。


ちなみに、すでに日本語版があって
サイト上には14万人もユーザがいると書いてありました。。。
しかも、親切にも私の使っているプロバイダのIPアドレス見て
ページ上に表示してるし。。。


とはいえ、私が見るのを怠けているうちに
いろんなサイトが出てきてるんですね。
アメリカはもちろんもっといろんなサイトを観察して
新しいビジネスの種を見つけようと思います。