昨日はフジロックで食べた飯の記録でしたが
今日は見たものを時系列で記録

【1日目】
・渋さ知らズオーケストラ
・小谷美紗子
・GOMA&JUNGLE RHYTHM SECTION
・YOUR SONG IS GOOD(ちょっとだけ)
・日野皓正クインテッド
・FOUNTAINS OF WAYNE
・GROOVE ARMADA

まずはフジロックは渋さを見ないとはじまらないでしょ
ということしたが
へヴンのステージは彼ら狭すぎるなと。

でも、相変わらずカオスな感じが最高!

続いて小谷美紗子。
最近の曲は突き抜けてて大好きですが
それ以上に久しぶりに聞いた名曲の「火の川」には
心が揺さぶられました。

あとは、GOMA〜は去年の宇宙の日以来見ましたが
相変わらず踊らされたし
炎天下に踊って非常にビールがすすみました。

最後に見たGROOVE ARMADAは外人が多くて当たり負けしたりしたけど
かっこよかったなーと。

夜はオールナイトフジにと思ったけど
最近の寝不足がたたりダウンしてしまいました。

--------------------------------------------------------------

【2日目】
・髭(HIGE)
・湯川潮音
・!!!(chk chk chk)
・G.LOVE&SPECIAL SAUCE
・浅井健一(ちょっとだけ)
・BOOM BOOM SATELLITES
・SIMIAN MOBILE DISCO
・石野卓球
・JUSTICE

2日目は、ハイジカレーを食べながらの髭(HIGE)
からはじまりましたが
やっと!!!でグリーンステージに行くことに。
寝転がりながら聞いたけどすごい踊れるバンド。

その後は夜のレットマーキーに備えてテントサイトでお昼寝。。。

で、G.LOVEから復帰。
大学生のときにファーストアルバムを聞いただけでしたが
かっこよかった♪

そして、ベンジーを会社の人と一緒に見ました。
相変わらずタイトなステージ。
ロックだけど踊れるかんじ。

そのあとは、ブンブンサテライツ。
彼らを見たのはかなり久しぶりだけど
その時以上にレベルアップしている気がしました。
ここでもしっかり踊る。

で、何気に2日目個人的にメインのレッドマーキーだったのですが
予想通り激混み。。。
シミアンと卓球さんを後ろで眺め
絶対見たいJUSTICEに備えました。

TAHITI80やPHOENIX、DAFTPUNKをはじめとして
フランスのアーティストはなぜかツボにきやすいんですが
We Are Your Friends とかD.A.N.C.Eとかしか聞いたことないものの
かなり盛り上がりました。

--------------------------------------------------------------

【3日目】
・ザ・キングトーンズwith Jimmy and the Vivids
・Marva Whitney with Osaka Monorail
・上原ひろみ〜HIROMI'S SONICBLOOM
・clammbon

3日目はSOILを見るつもりが
テントの片付けが間に合わず、もれてくる音で我慢。

で、お約束通りへヴンに向かったのですが
前日に場外で流れてた曲がなぜかひっかかって
ザ・キングトーンズを見ました。

この感じはJBが亡くなる年に運命的に
名古屋でステージを見たそんな感じに似てるなと
なぜか思いました。不謹慎だけど。

その後は、大学の学祭以来のオーサカ=モノレールを見ようと
オレンジコートへ。

当時はファンクにあまり興味がなかったので
動きが変なボーカルだなーとしか思わなかったのですが
日本人では数少ない正統派のファンクバンドなので
見れるのを密かに楽しみにしていました。

彼らはバックバンドみたいな扱いでしたが
強いファンクネスを感じました。
今度は単独で見たいなと思います。

その後は上原ひろみでしたが
あんなにかっこよくて踊れるステージをしてくれるとは
予想してなかったのでびっくり。

基本ができてる人は崩しても決まるんでしょうね。

で、時間の都合でクラムボンが最後に。。。
クラムボンもたぶん5年近くライブを見ていなかったけど
私が上京後に「はなればなれ」のCDを買って以来
いろんな思い出があるバンドです。

ということで結構前で見てました。

最新のアルバムや「パンと蜜をめしあがれ」など
超懐かしいのもやってくれました。

そして、これで自分の今年のフジロックがこれで終わりと思うと
3日間の楽しかったことや寂しさで
曲とは関係なくちょっとセンチメンタルな感情になってしまいました。


とまあ、こんな感じで今年のフジロックも終了しました。
戦前の予想通りロックなのがほとんどないのはお約束ですが・・・