最近、自分の中で
情報をアップデートできていないなということで
前日に引き続きセミナーに参加しました。

ACフォーラム

内容が盛りだくさんだったので
咀嚼するのに時間がかかりそうですが
こういうのはスピードが命なので取り急ぎメモを。
※走り書きなので間違いあるかも・・・


消費者主導時代のマーケティング・アプローチ
加治慶光氏

・タッチポイントを統合して、ブランドの体験を創造する
・そのタッチポイントは35個ある
・スカイラインはトラディショナルな手法
 GT-Rはノントラディショナルな手法でマーケティング
・GT-Rはコアインフルエンサー(要はセレブリティ?)と
 外国ブランドに目がないコンケストバイヤーを
 新たなターゲットに
・ブランドメッセージ中心から生活者中心に変化
 生活者の広がりがブランドイメージ拡大につながる環境に
・ノントラディショナルマーケティングは
 カルトやニッチなものに効果が高いが
 効果測定しにくいのが課題


健康というテーマでつくるタッチポイント
五十川雅規氏

・病院等で入手可能なフリーペーパーを配布
・病のサイクル「不調」「検査」「治療」「回復」
 それぞれに媒体をもつことで広告主もターゲットが絞れそう
・アイデアは良くても置いてもらえる病院に
 メリットのある情報を提供できたのが成功の要因


メーカーと消費者が出会う場作り〜サンプル ・ラボの立ち上げ
松下昌示氏

・店舗でサンプルを配布できる仕組み
・コアターゲットはアーリーアダプター、アーリーマジョリティ
・(私の所感として)このビジネスモデルは
 エクステンションやマイナージェンジすれば
 地方、海外、世代などで新たなビジネスできそう


プロ野球におけるファンとのコミュニケーション
小澤隆生氏

※全部私の所感ですけど・・・
・面白いことはてきとーにやることではない
 ちゃんとした型ができて初めてクリエイティブなことができる
・近くにいい例がないんだったら外国や他業種にヒントを求める
・小澤さんに久しぶりにお会いしたけど、
 人を惹き付けるオーラがやっぱりすごい


再生ロッテリア・絶品バーガー「巻き込み戦略」の舞台裏
湯浅智之氏/藤田康人氏

・現場を核にして外部に拡げていく
・学生とブログを活用したお金を使わないマーケティング
・通常ファーストフードのコアターゲットは
 「ビジネスマン」「ママ・キッズ」「大学生」


インフルエンサーマーケティング2008と最新エンゲージメントまとめ
本田哲也氏

・3つのインフルエンサー(信頼性×○○)とその役割
 「プロフェッショナルインフルエンサー」⇒専門性
 「マスメディア」⇒社会性
 「個人インフルエンサー」⇒親近感
・インフルエンサー向けに商品を伝えるためのテーマを付加する
・3つのエンゲージメント
 [1]消費者との新たな「接点」づくり
   ⇒第三者的接点(企業のメッセージを伝える人)
 [2]消費者の自発を促す「巻き込み」
   ⇒役割を与える、メディアに組み込む
 [3]消費者との「関係」の強化
   ⇒話題性、カルト性
    継続する
    PULL型の時代、PUSH型との連動


で、共通で感じたのが
そもそも前提として
・商品やサービスがすばらしいものである必要がある
・しっかりしたオペレーション構築、実行がやっぱり必要

というありきたりではありますが。。。


終了後、交流会に参加させていただいて
講演者の方を中心としていろいろな方とお話しさせていただきました。
最近社外の方と話をする機会がめっきり減っていたので
情報更新のいい機会になる1日でした。