今日は前から気になっていたパラノイドパークを観に
渋谷まで出かけました。

以前観たエレファントと同じように何だか淡々としているんだけど
主人公のモヤモヤした感じとうやむやで終わってしまうのが
思春期だなって感じでよかったです。

時々出て来たスケートボードに乗っている
いろんな少年の映像は何を表現してるんでしょうか?
人によってスムーズに乗れる人もあれば
うまく乗れない人もいて
それってそれぞれの人生を表してるのなって
見当違いな深読みまでしてしまいました。。。

個人的には劇中でかかる
エリオットスミスの曲を聞いて
大学の時にソロのライブを観に行ったことを
思い出しました。
もう生で観られないと思うとやっぱり残念ですね。

ちなみに、真っ二つになった人間の映像が出てくるので
そうゆうの弱い人は見ない方がいいですねー。
つうことでデートには向きませんよ。