今日は会社を少し早めに後にして
BRIDGE 2010 Aprilに行ってきました。

今回は「メディアとマーケティングの革新」というテーマで

パネリスト 
・江端浩人さん(日本コカ・コーラ インターラクティブ・マーケティング統括部長)
・小林弘人さん(株式会社インフォバーン代表取締役CEO)
・高広伯彦さん(スケダチ|高広伯彦事務所)
ナビゲーター 
・徳力基彦さん(アジャイルメディア・ネットワーク株式会社代表取締役社長)

といういつもTwitterやブログなどをチェックさせていただいている
みなさんが登壇されてフリートークという形でした。

その中で気になったことをメモ。

・インタラクティブの視点が欠けていると、Webメディアを使ったとしてもマスメディア的
・インタラクティブとは「相手の気持ちが動く」「互いに関わりがある」「前のめりになる」
・画面の前にいる人をコンテンツの作り手は想像出来ているだろうか
・一見古いと思われる物の新しい使い方に活路を見いだせるかもしれない
・TVは「マス」というターゲットには最適なメディアだった
 しかし、現在商品にマス向けのものは果たしてあるのか
 →マスメディアと広告主の思考のミスマッチが発生している
・オリジナリティを考える前にそもそも外国の現状を自分は分かっているのかを考えてみる

あとは、みなさんのTweet #bridge10
http://twitter.com/#search?q=%23bridge10


今回一番印象に残たのは
高広さんの「インタラクティブ」というキーワードでした。

ただ、一方的に情報を送りつけるだけになっていないかを
常に考えて企画立案、実行していかないとなと改めて感じました。

あとは、やっぱり英語だよなあ。
10月のad:techをまずは目標に頑張りますーw