a7a1c939360041b3b6de7ccc0e3fad28_7


昨日、TGCに行ってきました。

せっかくの機会だったので若い女性達に混ざってランウェイが見えるところでしばらくショーを観ていたのですが、
行く前と実際の印象が違ってる点がちらほらありました。

特に、強く印象に残ったのは以下の2点
(以下は、現地でツイートした内容です)





今日の日経の記事にも
”TGCはステージに登場した新作を来場者がその場から携帯電話の通信販売で購入できるのが特徴”
と書かれてましたし、私もそういうものだと思っていました。

もしかすると、私の周りの女の子がただ買ってなかっただけかもしれませんが、みんな憧れのモデルやアーティストを観にきてるというのが真の目的かもしれません。

とはいえ、確かにガールズウォーカー上ではかなり売り切れていたので、確かにECはちゃんと機能しているので不思議ですが、もしかすると会場に来れない人たちが買っているのかもしれませんね。

そういう意味では今年やっていたYouTube生中継はアリなんでしょうね。

一方で、ブースを出している企業はただ物を配るタイプはなくて
例えば4つのネイルからあなたの好きな物を選ぶことをアンケートとしてやってもらったり、オーディションにエントリーさせたりと
女の子たちをいかに自社の商品、サービスに関心を持ってもらうかということに腐心しているようでした。

あと、エントリーツール(おそらくメアド獲得も)として
Felica付きのケータイをタッチしてエントリーさせる端末が使われていましたが、10代・20代女性にもスマフォの波が来ているようで、エントリーに苦労している女性がちょこちょこいました。
まあ、これはじきに技術的に解消はするんでしょうけど。

ちなみに会場は超混んでいてカオスなので、ブース出展自体では自社製品、サービスの良さを伝えることは非常に困難なので、ブース出展自体ではおそらく出展料はペイできないと思うんですが、その後に「TGCに出たモデル」「TGC出展ブランド」というファクトを元にその後の製品、サービスを売っていくというので出展料を取り戻すというモデルでしょうから、そこらへんはうまくビジネスが回っているんだろうなと感じました。

と、長々と書きましたけど普通に楽しかったですよw