Expediaのマーケティングディレクター(Gurmej Bahia)が EyeforTravelというサイトで
以前Facebookアプリの活用についてインタビューに答えていたそうで
「やるべきこと」と「やってはいけないこと」が列挙されていました。

Balancing participation in social media with RoI goals as a travel marketer
http://www.eyefortravel.com/social-media-and-marketing/balancing-participation-social-media-roi-goals-travel-marketer
個人的に耳の痛いところが結構ありましたが。。。

※私の英語に難ありなので、おかしなところがあれば指摘いただけると嬉しいです。


[やるべきこと]
1. Treat your Facebook App as a unique channel, focus on the user experience and look at what will add value to your users.
→Facebookアプリのユニークなチャネルとして扱う、ユーザーエクスペリエンスに焦点を当てて、何がユーザに価値を与えるのか見てみましょう。

2. Leverage the technology and the specific strengths of the platform don’t fall into the trap of replicating something that already exists on the website
→活用する技術とプラットフォームの固有の強みは、ウェブサイトにすでに存在しているものの複製にしてはいけない

3. Look beyond your sector for inspiration and take the learning’s where appropriate (Fast fashion brands have a well established social presence and are often leading the way).
→インスピレーションと学習の適切な場所を学ぶために自分の部門を越えて見る。(ファストファッションブランドは確立された社会的な存在感を持っていて、しばしばその中心的役割を担っている)

4. Iterate and test new functionality. Facebook is constantly evolving so you should adopt an agile approach to enable quick testing and development.
→反復処理し、新しい機能をテストする。Facebookは常に進化しているので、迅速なテストと開発を可能にするアジャイルなアプローチを採用する必要がある

5. Dedicate a permanent resource to the project to safeguard the user experience and develop future functionality.
→ユーザーエクスペリエンスを保護し、将来の機能を開発するために、プロジェクトに永続的なリソースを確保する。

6. Think about promotional marketing activity to drive uptake of the app. Seeding with bloggers, including it in your ATL marketing activity and developing acquisition initiatives are imperative to spread the word and gain users.
→アプリケーションの取り込みを駆動するためのプロモーション、マーケティング活動について考えてみよう。ブロガーに種をまこう、それを含めて他のマーケティング活動とイニシアチブ獲得のための取り組みを開発することは、the word(意味分からない)とユーザ獲得を広げるために不可欠である。


[やってはいけないこと]
1. Don’t create a vanity App, think about your objectives before jumping into App development.
→アプリケーションの開発をする前に目的について考え、うぬぼれや見せ掛けのアプリケーションを作成してはいけない。

2. Don’t launch your app and leave it for a year before reviewing the functionality. Functionality can change quickly within FB so be prepared to evolve your app over time.
→機能性を検討する前にアプリをローンチしたまま放置してはいけない。Facebook内の機能はすぐに変えられるので、時間をかけてアプリを進化させるために準備する。


ちなみに、この記事のメインはソーシャルメディアのROIについてなので
Facebookアプリの話以外でも参考になりました。