昨年の12月から突然ドラムのレッスンに通いはじめたんですが、
(いわゆる大人の音楽教室)

楽器なんて小学校の時の鼓笛隊以来やっていなかった自分が
なぜ33歳になってはじめたのか、
そしてなぜギターでもキーボードでもなくドラムなのか?

それは、自分が20代でずっと聴いていた音楽においてドラムが重要なパートだったから。
ただ、あくまでも音やリズムがカッコいいっていう表現しかできない
自分がダサいなと思っていたから。


20代から今までずっと聞いてきたROVOなんて芳垣安洋、岡部洋一という
2人のドラムスがいるから毎回宇宙に行けちゃうわけで、

今から週1程度でやったところでもちろんそんな上手になるわけじゃないんだけど、
少なくとも音楽をもっと構造的に楽しめればいいなと思い、
週末レッスンに通っているわけです。

ただ、初心者ということでまだまだ手と足がスムーズに動かないことも多くて、
ドラマーへの道のりは険しいわけです。
【397文字】