日々考えるいろいろなこと

Webまわり、マーケティング、音楽などの情報を集めたり、日々のいろいろを書いています

カテゴリ: 考えごと

自分や友人や家族の思い出を仲間にシェアして交流するFacebook。
特にお休みの日などには素敵な写真がアップされていて素晴らしいのですが
ついアプリを起動してチェックするのが習慣になってしまい、いつの間にか時間が過ぎていたということも多々ありました。


ただ、今の自分にとっては見ていて気が滅入ることの方が多いなというのが正直な所。
そして、今までその習慣により多くのことを失ったり逃してきた気がします。
それなら使うのやめればいいわけですが、仕事で使うのでやめるわけにもいかず。。。


ということで、折衷案としてとりあえずiPhoneからはアプリを削除しました。



一度習慣というか惰性で行っている行動をやめるのはなかなか大変ですが
移動中くらいは自分の時間を生きるようにしたいと思います。

2003年11月にはじめたブログも今やほとんど更新していません。
当時はFacebookもTwitterもなかったので今見るとここにしか書くことがなかったわけですが、
今やInstagramもあるし、自分が行ったライブの感想はnoteにまとめちゃってるし、
せっかく10年以上前に作ったので辞めるのももったいないしということで放置しちゃってます。

まあ、そのうち落ち着いたら自分が考えていることとか
妄想でも書いていこうかなと思っていますが。



写真に特に意味はありません。

先日、何か取引先や他人へ提案を持って行かなければいけない場合に
取るべき手順についてふと頭に浮かんだのでメモ。
合ってるかは分からないんですが。
「ここ違うよ」とか突っ込んでもらえると嬉しいです!

[ゴール(課題解決)のイメージをできるだけはっきりする]
   ↓
[Factの整理]
   ↓
[課題の抽出]
   ↓
[課題を解決するソリューションのアイデア出し]
   ↓
[出したアイデアのSWOT分析]
   ↓
[アイデアのディテールの作り込み]
   ↓
[提案資料ラフ作成]
   ↓
[写真など提案先に提案内容をイメージさせるクリエイティブの作り込み]

TwitterやFacebook、ブログなど
自分で情報発信できるツールがいろいろありますが
私としていろいろやり方を試行錯誤しています。

2003年にこのブログを開設して
2009年の途中まではブログを日記として、気になる話題のメモとして
使ってきました。

それは、2009年の途中からTwitterで簡単に情報発信をできるようになって
ブログの更新はご覧の通り(w)さっぱり更新されなくなり
Twitterの利用が主になりました。

それと同時にFriendFeedやiddyなどに
自分で発信する様々な情報をまとめて
それを皆さんにお知らせする形となり
そして、FriendFeedのフィードは
Facebookに自動的に流しこむという形をとってきました。


最初はブログだけだったものが使うツールが増えてくることにより
私に紐づく情報は右肩上がりに増えてきたわけですが
それを全部Facebookに流してしまうと
それほど情報発信しない人からするとFacebook上に私の情報が占領することになり
はっきりいってウザいと思う状況になってきました。

そのため現在は以下のような形にしています。

▼Twitter
http://twitter.com/electronica02
 ・FriendFeedから自動的にツイートするのは継続
 ・深く議論をしたい情報は流さずに、感情やライトに情報共有したい物とツイートする
 ・フォローは個人的に興味のある方や仕事上関係ある人のみフォロー
 ・フォロー返しは基本しないが1個前の項目で述べた形に該当する方はフォロー返しする。

▼Facebook
http://www.facebook.com/fujiwara
 ・Tumblrのみ連携させてWallにポストできるようにするが
  原則はTwitterに流れる話題は流さない
 ・他の方と議論したい、意見を聞きたい情報を投稿する
 ・とはいえ、ある意味私のプロフィールページのようなものなので
  他サービスとの連携をWallにはでない形で行う
  ⇒具体的にはtubfusionを利用し、TwitterやFlickrをタブの形で見れるようにしています
   http://www.tabfusion.com/

▼Blog
http://electronica02.com/
 ・自分で書いた一次情報やFacebookには載せられない長い文章を掲載
 ・ただし、TwitterやFacebookで結構満足しちゃってほとんど更新せず(苦笑)


▼その他
・Tublrは印象に残ったサイトや記事のフレーズをスクラップブックとして残す
http://electronica02.tumblr.com/
・Flavors.meはちょっと洒落たプロフィールページとして活用
http://flavors.me/electronica02
・FriendFeedはあまり機能していないが自動更新されている
http://friendfeed.com/electronica02


ちなみにこのような形にしてみると
私のブログの更新頻度がかなり落ちた以外では
同じ話題をブログに上げるよりもFacebookの方が
コメントが付きやすく、視覚的にも分かりやすいなと思います。

そういう意味ではTwitterは議論のプラットフォームには向かないですが
ある程度フィルタリング可能なFacebookの方が現状では向いているかもしれません。


とはいえ、今後Facebookユーザが増えれば状況も変わるかもしれないので
来年の今頃はどうなっているか分かりませんね。
このエントリーは2010年10月現在の状況のメモということで。

今日家で何気なくSPACE SHOWER TVにチャンネルを合わせてみると
aikoの特番をやっていました。

別にaikoのファンでもないのでほんと何気なくで
彼女がいろんなところにバスツアーで連れてかれるという内容だったのですが
最後に行った書道部の高校生たちがaikoの歌の歌詞を
書道のパフォーマンスとして表現するというシーンがありました。

彼女の歌に思い入れがあるわけではないのですが
一生懸命にパフォーマンスをする高校生に胸を打たれて
不覚にも少しウルッときてしまいました。

それとWebサイトに何の関係があるの?ということなんですが

「テレビなんてもう駄目だ、これからはインターネットの時代だ」
と言われるようになって久しいですが
心を揺さぶったり、見ている人の記憶に残るコンテンツの発信については
まだまだテレビに学ぶべきことが多いなと感じたわけです。

最近周りがTwitterで何かビジネスしなきゃとか
そんなツールに踊らされて焦ってる人や組織の話をよく聞くのですが
ツールではなく人にフォーカスして
企画を考えていかないといけないですよね。

まあ、Webサイトというかネット業界が
「新聞、テレビに広告出すより効率良く、安く集客できまっせ」
という売り文句で自らを安く売り出しちゃってる限り
人を感動させたり、動かしたりしていくのは難しいのかもしれません。

その中で私は何ができるのか?
その答えは、会社のデスクにかじりついていても出てこないと思うので
もっと遊んで自分自身か感動したり、楽しんだりする経験をもっと積まないといけませんね。

この前勉強会で「ブランド」について考えたんですが
その時のメモを残しておきます。

------------
・ブランドの意義
機能的ベネフィット
情緒的ベネフィット


・「好き」ってどういうこと?
ブランドが好きになるパターンは2種類?
機能的ベネフィットから情緒的ベネフィットへ移行
情緒的ベネフィットから機能的ベネフィットへ移行
 ↑商材により違う?


・ブランドは世界観が大事
→嗜好品は世界観の維持が重要かな?

・ブランディングを2:8の8を狙うのはいいことなのか?
・「好感度を上げる」というのは誰の好感度を上げるの?


紳竜の研究 [DVD]紳竜の研究 [DVD]
出演:島田紳助、松本竜介
販売元:アール・アンド・シー
発売日:2007-05-30
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

このDVDに収録されている島田紳助のNSCでの特別授業が見たくて購入。

それを見て印象に残った事。
・努力は量ではない。具体的に目的を持って質を上げていくことが重要

・才能:5段階 × 努力:5段階

・自分なりのデータ分析をすることで初めて見えてくることがある

・明確なターゲット設定。分からない人には分かってもらわなくていい

・自分が出来る事:X  時代の変化、流れ:Y
 これが分かって初めて、自分がやっていきたい事で悩む事が出来る

・勝つことしかしてはいけない
 →自分が勝てるフィールドの選択をする

・心で記憶する、脳で覚えた事は時間が経てば忘れてしまう

・TVタレントでは物事に精通している必要はない、1分野1つだけ詳しければOK
 知ってる事だけしゃべればよい

・誰でも知っている事は知らなくていい
 誰も知らない事を1つ深く知ること

・いろんな所に行っていろんな人に会う、いろんな話を聞く

漫才やテレビで成功するための話なので
ビジネスパーソンとして全部フィットする話ではありませんが

「むやみやたらと努力するのではなく戦略的な努力をするということ」
「心で記憶すること」

これ自分にはまだ出来ていないし、これからの自分に必要なことだなと
認識する事が出来ました。

『物事は捉え方次第でピンチにもチャンスにも出来る』

ピンチはチャンスって
そんなこといろんな事で言われている話だけど

この前、
『ピンチはその人が処理できる以上の大きさのものは発生しない』
という趣旨の話を聞いて
仕事で面倒なことが起きるのがそんなに苦にならなくなったような気がします。


面倒なことが発生した時
「あれ、これってもしかして俺のレベルが少し上がったって事?」
「うわー、すげえ俺が目立てるチャンスじゃないの!」

最近はそんな風に思います。


「ナレッジ」「スキル」「マインド」
この3つの要素の中で
一番の課題だった「マインド」がここ半年くらいで
ちょっとずつ変わってるなって実感してます。

来月で28歳になるし、もっと進化していかないとね!

最近はちょっと疲れているものの
今までの人生の中で一番心が穏やかだったりしています。

別に大金が入ったわけでも、
彼女が出来たわけでもないのですが・・・

今、そう思うのは
昨年仕事でもプライベートでも
今までの自分ではダメだということに改めて気がついて
それを改善しようと思いアクションを起こしたら
仕事で達成感を味わって
その達成で自分に自信を持てて
小さいことだけどプライベートでも成功体験ができたことで
無理なことでも自分で結果が出せるということを体感して

それに加えて、自分の夢・目標が
だんだん具体的になってきて変な不安を感じることが
ほとんどなくなったからだと思います。


そんな時に、新聞の広告で稲盛さんのCDブックが出ていて
今日、TOEICの講座を受けに行く移動中に聞いていました。


どう生きるかなぜ生きるかどう生きるかなぜ生きるか


人生の話なのでどうしても精神論的な話になってしまうんですが
今の自分にささるところがありました。

運命とは宿命ではないのだ。因果応報の法則があるから、運命は変えることが出来るのだ。(P33)

災難にあおうとも、よい目にあおうとも、どんなときでも感謝の心で対処するのが絶対条件なのです。(中略)感謝する心が一番進んでいる考え方なのですが、その手前では、腐らず、不平をいわず、恨まず、妬まず、苦難に耐えていくということが必要になります。(P47〜48)

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力(P67)


今の自分にはすごい腹に落ちたのですが
たぶん去年の今頃なら自分に自信もなかったので
この言葉がお題目にしか聞こえなかったと思うし
そもそもこの本を手に取ることもなかったと思います。

私のレベルではついこういうのを忘れて行動してしまいますが
せめて、頭の片隅にこれらの言葉を入れておいて
意識的に行動したいと思います。


以前にテキストで読んだことはあったジョブズのスピーチの映像が
字幕付きでアップされていました。

改めて勇気づけられました。

↑このページのトップヘ